【連載】
いばらき18歳成人
改正民法が今月施行され、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられた。親の同意なく契約できるなど若者の権利が広がった半面、改正少年法では、罪を犯した「特定少年」として厳罰化された。茨城県内の教育や司法の現場でも対応が進む。